相続人が外国籍だったときに遺産の分割はどうなる?

誰かが亡くなったときに遺族の間での重要な問題になるのが相続に関することです。普段の暮らしでは気にすることのない法的なことが中心となり、金銭がからむので揉め事にもなりやすいです。そして、そのときになって疑問や不安を感じることのひとつに、相続する人が外国籍であった場合にはどのようなルールになっているのかということがあります。

相続に関してのルールは国によって違います。それぞれの国で法律の定めがあり、もちろん日本も例外ではありません。相続する人が外国籍である場合の決まりは、大きく分けると2つあります。ひとつは亡くなった人の国のルールにすべて委ねられるもので、もう一方は遺産の種類によってどの国の法律を適用するのかが分かれるものです。

日本においては亡くなった人の国籍のある国のルールによると定められています。つまり、日本人が亡くなった場合の遺産をどう分割するのかには、相続する人の国籍が影響しないということです。外国籍の人と結婚をした場合などでこの国籍の問題が発生しますが、少なくとも日本においては気にすることはないようです。ただ、心ない人が間違った情報をもって話を進めようとするかもしれませんので、そんなときはここに書いてあることを思い出してみてください。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>