国際結婚をしているなら国際相続の知識を身に付けておこう

どこの家庭でも祖父や父親が亡くなることで、相続問題が発生しますよね。一般的には持ち家や証券、物置にしまっていた趣味のコレクションなどが対象物になるかと思います。亡くなった近親者が長い闘病生活を送っていたのであれば、もしものために生前から用意をしていることもあるでしょう。 しかし、人はいつ亡くなるか分かりませんので、日頃から万全の態勢で望んでいる家庭は少ないと言えます。もちろん日本国内での話であれば、税理士を雇うことで簡単に問題は解決できるかもしれませんよね。ところが最近では国際結婚をする日本人が増えていますので、適当に税理士事務所を決めて、全てを丸投げするだけでは問題を解決できません。 ★つまり外国人と結婚した家庭における「国際相続」が問題になりつつあるのです!★コチラで解決できるかも?・・・外国人の相続は国際相続.comを見ると良いと思います。 「国際相続.com」では複雑な国際相続のやり方を、初心者でも理解できるように、漫画というコンテンツで学ぶことができます。また外国人の旦那や妻がいるのであれば、国によって最適な手続きをおこなってくれる税務事務所の案内もしていますので、きっと力になってくれるでしょう。 外国人と結婚している人でも、案外ご存知ない場合も多いのですが、国際相続は国によって法律が変わるため非常に面倒な作業なのです。もしも外国の方と結婚しているのであれば、1度目を通しておくと良いかもしれません。 ※【参考サイト】国際相続.com|外国籍・外国人の方の相続・海外の資産の手続きなら

相続人が外国籍だったときに遺産の分割はどうなる?

誰かが亡くなったときに遺族の間での重要な問題になるのが相続に関することです。普段の暮らしでは気にすることのない法的なことが中心となり、金銭がからむので揉め事にもなりやすいです。そして、そのときになって疑問や不安を感じることのひとつに、相続する人が外国籍であった場合にはどのようなルールになっているのかということがあります。 相続に関してのルールは国によって違います。それぞれの国で法律の定めがあり、もちろん日本も例外ではありません。相続する人が外国籍である場合の決まりは、大きく分けると2つあります。ひとつは亡くなった人の国のルールにすべて委ねられるもので、もう一方は遺産の種類によってどの国の法律を適用するのかが分かれるものです。 日本においては亡くなった人の国籍のある国のルールによると定められています。つまり、日本人が亡くなった場合の遺産をどう分割するのかには、相続する人の国籍が影響しないということです。外国籍の人と結婚をした場合などでこの国籍の問題が発生しますが、少なくとも日本においては気にすることはないようです。ただ、心ない人が間違った情報をもって話を進めようとするかもしれませんので、そんなときはここに書いてあることを思い出してみてください。